2月
18
2014

納得のいかない示談交渉

交通事故の被害に遭った場合というのは、基本的に相手の保険会社の人間が示談交渉などに来ます。 もしものための事故対応などもサービスとして謳っているわけですから、当然のことですが、これが被害者にとってはまったく納得がいかない場合もあるのです。 どういう事かと言うと保険会社というのはなるべく安い金額で示談しようとしますから、金銭面で折り合いがつかない場合も多いのです。 特に後遺症などが残ると損害賠償は高額になりますが、そういったところでも安く示談をしようとしてくるのです。 そういった場合の交通事故 法律相談などもした方が良いと言えるでしょう。 損害賠償の基準で保険会社が提示するよりも圧倒的に高い裁判基準での支払いを求めるには、弁護士などに依頼することも必要なのです。 Read more
1月
26
2014

裁判基準を考えれば弁護士へ

交通事故で弁護士に相談した方が良いのは、後遺症などが残るような事故に遭った場合になります。 後遺症が残った場合というのは後遺障害というものに認定されますが、認定されることによって損害賠償が裁判基準となったときに、かなり保険会社基準とは比べ物にならないくらい増えます。 ですから弁護士費用を払ったとしても依頼したほうが良いのです。 また神経症状が残る場合に、後遺障害 12級に認定されるのか14級に認定されるのかでも損害賠償がかなり違ってきます。 適切な検査を受けるアドバイスなどもありますから、重要になってくるのです。 Read more
12月
25
2013

都合のよい交渉

怪我が完治しない状態を後遺症が残ると言いますが、ある程度は治療や自分の治癒能力で治りますが、どうしても治癒出来ない場所などが人間にはあります。 そういった部分が怪我をすると後遺症として残ってしまいます。 通常の軽い怪我では自然治癒などで治ったりもしますが、交通事故などで予期せぬ場所を怪我してしまうなど現代にはあります。 そういった交通事故で負った後遺症 弁護士事務所などに相談することも必要です。 損害賠償というものは大抵保険会社の人間が交渉に来ますが、実際の損害賠償額がどのくらいが妥当なものなのかはほとんどの人は知りません。 ですから保険会社に都合の良い金額での示談交渉になってしまうことが多々あるのです。 Read more
11月
26
2013

交通事故で旅行が

昨今は円安ということもあり、海外旅行よりも日本国内の旅行が人気という話も聞こえてきますが、交通事故というのはいつおきるか分かりません。 当然自分が旅行で事故に遭うこともあれば、家族が事故の被害に遭うこともあります。 海外に旅行にいっている間に日本で家族が交通事故に遭ったなども有り得ない話ではありませんよね。 交通事故 帰国する必要性が出てきたり、実際に行く予定だった旅行をキャンセルしなければならない場合などもあります。 それもキャンセルというのは当日などだったりすると費用が戻ってこないということもありますから、当然損失ということにもなります。 こういった費用なども損害賠償請求をすることも大事なことですね。 Read more
10月
25
2013

損害賠償と示談

後遺症が残るような事故というのは、一生後遺症が残る場合がほとんどですから損害賠償をある程度高い基準で請求することが大事ですよね。 後遺症の中でも損害賠償が高いとされる高次脳機能障害 弁護士に依頼して、きっちりと請求することが大事です。 もちろん示談交渉で相手側が保険会社の基準でしか支払わないとなった場合には裁判をすることも考えましょう。 裁判基準というのは保険会社の基準と比べてかなり高い基準になります。 保険会社が提示する額の倍になるということもあるくらいですから非常に大きな違いがあるのです。 それだけ大きな違いの損害賠償で、相手の言い値で示談するのは非常にもったいないというより、一生付き合っていく後遺症を考えると大変な差があると言えますよね。 Read more
9月
21
2013

逸失利益と生活費控除

死亡事故となる交通事故は減少していますが、それでも年間で何千件と起きているのが現状です。 死亡事故の場合には後遺症などが残った事故と同様に逸失利益という損害賠償が発生しますが、死亡事故の場合には少し他と特殊で、逸失利益 生活費控除が行われます。 これは死亡していることで本来収入からはその方の生活費がかかるはずであったものを、生活費がかからなくなるということから、控除されて支払われるというものです。 控除される割合はその方の家族の中での状況などでも変わってきます。 一家の支柱等の場合で扶養者が1人の場合は40%、扶養者が2人などになると30%といった形になるのです。 Read more
8月
24
2013

交通事故で後遺症

交通事故の悲惨な事故というのは死亡事故だけに限りません。 死亡事故だけでなく後遺症が残るような事故もありますが、その数は負傷者として扱われないためにどの程度の人が後遺症で苦しんでいるかまではわかりません。 例えば後遺障害 2級と認定されるような後遺症が残った場合というのは、仕事の能力も100%ないと判断されます。 仕事が出来ないだけでなく普段の生活もままならない状態です。 こういった状態になることもあるのが交通事故の恐ろしいところでもあります。 事故を起こさない最大限の努力をすることを忘れてはいけませんね。 Read more
7月
20
2013

損害賠償の低さ

交通事故で問題になるのが多くは示談交渉などの場面で問題が起きることが多いのではないでしょうか。 相手の保険会社が提示してくる金額が全然少ないということは多々あります。 それは、ネットなどで検索すると分かりますが、交通事故の賠償でもっとも高くなるのが裁判基準なのですが、それとはあまりにもかけ離れた賠償額しか提示してこないことにあります。 当然ですが損害賠償は怪我の度合いが高いほど、高くなりますし死亡事故ともなると大変な金額にもなります。 ですから、後遺症が残った場合や死亡事故 弁護士事務所などに相談してみることも大事です。 もちろん弁護士に依頼するということは費用もかかりますが、それ以上に保険会社の提示する額というのは本人などが交渉しても高くならないのが現状なのです。 Read more
6月
24
2013

逸失利益の算出

交通事故での後遺症は後遺障害等級に認定されることが大事です。 この等級認定がなされることによって損害賠償も大きく異なってくるからです。 後遺症が残ることで仕事の能力喪失の割合なども算出されますが、その場合に等級によって割合が変わってくるのです。 これを逸失利益といいますが、労働能力喪失率のぶんだけ賠償されることになります。 もちろん逸失利益 基礎収入から算出されますが、これはサラリーマンなどの場合には、基本的には現在の給与から算出されるということです。 数か月分の給料の平均を算出して基礎収入とするわけですが、その場合には当然残業代なども含まれてきます。 Read more
5月
20
2013

後遺症の損害賠償

交通事故で後遺症が残った場合というのは後遺障害等級に認定されなければ、後遺症としての損害賠償は発生しません。 ですから後遺障害に認定されることは重要なのです。 認定されることで後遺症としての慰謝料や逸失利益 交通事故の損害賠償として発生してきます。 この損害賠償はかなりの割合を占めるほど大きな金額になりますから、認定されるのかされないのかでは大きく賠償額も異なってくるのです。 また、後遺障害として認定されたとしても、保険会社と直接示談をした場合というのは、損害賠償額も安くなってしまいますので注意しましょう。 Read more