8月
25
2014

仕事の能力欠如

交通事故の悲惨な事故というのは死亡事故だけに限りません。 死亡事故だけでなく後遺症が残るような事故もありますが、その数は負傷者として扱われないためにどの程度の人が後遺症で苦しんでいるかまではわかりません。 例えば後遺障害 2級と認定されるような後遺症が残った場合というのは、仕事の能力も100%ないと判断されます。 仕事が出来ないだけでなく普段の生活もままならない状態です。 こういった状態になることもあるのが交通事故の恐ろしいところでもあります。 事故を起こさない最大限の努力をすることを忘れてはいけませんね。 Read more
7月
25
2014

裁判を検討することも

交通事故で怪我を負った場合というのは、自動車の場合、当然治療費などは自賠責保険から支払われることになります。 そして怪我と言うのは交通事故 後遺症として残ってしまうこともあります。 この場合は自賠責保険の後遺障害等級に認定して貰うことが必要になってきます。 この等級によって損害賠償の支払い額の目安が確定しますから、必ず必要なことになってくるのです。 また、後遺症を負った場合には加害者側に請求する損害賠償もかなりの金額になってきますが、自賠責保険や任意保険の基準では安い賠償になってしまいますので弁護士に依頼して裁判基準を目指すことが必要かもしれません。   Read more
6月
25
2014

自宅付添いの損害

交通事故で怪我をして入院や通院しなければならないということがあると思います。 その際に付添がなければ難しい状態であったり、児童などで親の付添が必要な場合も出てきます。 また中には交通事故 自宅付添が必要になる介護が必要な場合も有り得ます。 こういった場合に付添費用というのは基本的に損害賠償として1日にいくらといった形で認められます。 もちろんそのことが原因で仕事に行けないなどの場合には、仕事での損害なども立証できれば賠償の対象になります。 しかし、本来必要としない状態で付添をしたからといって損害賠償の対象になるわけではありません。 Read more
5月
27
2014

状況把握が大事

交通事故でトラブルになる事例としては、過失相殺などがあることから責任を逃れようと加害者側が被害者の過失を高めようと証言するなどもあります。 もちろん中には交通事故が死亡事故となり、被害者がまったく反論できない状況で相手にも過失があったと主張するようなこともあるのです。 そういった死亡事故 弁護士に相談や依頼することも必要になってくると思います。 もちろん事故が起きた時に、周りに目撃者などがいれば、そういった加害者の主張というのは覆せるなどもありますから、事故当時の状況把握というのは大事な要素になってきますね。 Read more
4月
28
2014

無職の場合を考えてみよう

交通事故での怪我というのは被害者の場合に、仕事を休まざる負えないということで休業損害が発生しますね。 では休業損害 無職の場合はどうなるのでしょうか。 無職ということは収入が無い状態です。 ですから休業損害は基本的に発生しません。 就職先がが決まっていて、その怪我のせいで就労が遅れたなどであれば別な話となります・ もちろん労働以外の収入がある人もいるかと思いますが、この場合は労働出来なくなったことへの損害賠償になりますので、そういった収入があっても休業損害にはなりません。 当然、そう言った収入は休んでいても入ってくる収入ですからね。 Read more
3月
25
2014

逸失利益の計算

交通事故というのは怪我をすることも多々ありますよね。 その怪我が完治しない場合には後遺症として残ることになりますが、当然損害賠償も通常の怪我と比べて高くなります。 そう言った場合の損害賠償には逸失利益 後遺障害の等級によって支払われることになります。 これは後遺症によって仕事が今までのように出来なくなりますから、そのパーセンテージが等級によって決まっていて、実際の収入などから逸失利益を算出するのです。 もちろん場合によっては収入ではなく、平均賃金などが使われる場合もありますし、労働以外の収入の部分については算出するさいに差し引かれたりもします。 Read more
2月
18
2014

納得のいかない示談交渉

交通事故の被害に遭った場合というのは、基本的に相手の保険会社の人間が示談交渉などに来ます。 もしものための事故対応などもサービスとして謳っているわけですから、当然のことですが、これが被害者にとってはまったく納得がいかない場合もあるのです。 どういう事かと言うと保険会社というのはなるべく安い金額で示談しようとしますから、金銭面で折り合いがつかない場合も多いのです。 特に後遺症などが残ると損害賠償は高額になりますが、そういったところでも安く示談をしようとしてくるのです。 そういった場合の交通事故 法律相談などもした方が良いと言えるでしょう。 損害賠償の基準で保険会社が提示するよりも圧倒的に高い裁判基準での支払いを求めるには、弁護士などに依頼することも必要なのです。 Read more
1月
26
2014

裁判基準を考えれば弁護士へ

交通事故で弁護士に相談した方が良いのは、後遺症などが残るような事故に遭った場合になります。 後遺症が残った場合というのは後遺障害というものに認定されますが、認定されることによって損害賠償が裁判基準となったときに、かなり保険会社基準とは比べ物にならないくらい増えます。 ですから弁護士費用を払ったとしても依頼したほうが良いのです。 また神経症状が残る場合に、後遺障害 12級に認定されるのか14級に認定されるのかでも損害賠償がかなり違ってきます。 適切な検査を受けるアドバイスなどもありますから、重要になってくるのです。 Read more
12月
25
2013

都合のよい交渉

怪我が完治しない状態を後遺症が残ると言いますが、ある程度は治療や自分の治癒能力で治りますが、どうしても治癒出来ない場所などが人間にはあります。 そういった部分が怪我をすると後遺症として残ってしまいます。 通常の軽い怪我では自然治癒などで治ったりもしますが、交通事故などで予期せぬ場所を怪我してしまうなど現代にはあります。 そういった交通事故で負った後遺症 弁護士事務所などに相談することも必要です。 損害賠償というものは大抵保険会社の人間が交渉に来ますが、実際の損害賠償額がどのくらいが妥当なものなのかはほとんどの人は知りません。 ですから保険会社に都合の良い金額での示談交渉になってしまうことが多々あるのです。 Read more
11月
26
2013

交通事故で旅行が

昨今は円安ということもあり、海外旅行よりも日本国内の旅行が人気という話も聞こえてきますが、交通事故というのはいつおきるか分かりません。 当然自分が旅行で事故に遭うこともあれば、家族が事故の被害に遭うこともあります。 海外に旅行にいっている間に日本で家族が交通事故に遭ったなども有り得ない話ではありませんよね。 交通事故 帰国する必要性が出てきたり、実際に行く予定だった旅行をキャンセルしなければならない場合などもあります。 それもキャンセルというのは当日などだったりすると費用が戻ってこないということもありますから、当然損失ということにもなります。 こういった費用なども損害賠償請求をすることも大事なことですね。 Read more